保険選びのポイント

相談

加入する人は誰か

個人で入るのか、それとも子供やおじいちゃん、おばあちゃんが加入するのかで海外旅行保険の選び方が異なります。例えば、個人で加入する場合、自分で判断をしプランの選定をしなければなりませんが、学生が加入する時は、ワーキングホリデー等の長期滞在なのかもチェックしなければなりません。家族の場合だと、団体で契約する形になるので保険料は個人よりも安くなります。

滞在日数の確認をする

一般的に海外旅行保険の契約期間は旅行開始日から3か月までとされています。特にワーキングホリデーや留学の場合はそれを対象にした商品に入ることになります。旅行の場合だと、一週間程度の滞在が多いのでそれに合ったものを選定しましょう。ちなみに一日だけの海外旅行保険もあり、保険料は高くなりますが安心を買う意味でほとんどの旅行者が加入します。

現地の治安をチェックする

海外旅行でのトラブルはつきものなので、現地の治安情報は保険加入前にしっかりと確認しましょう。事前に把握ができていれば、どの補償に入ればいいのかが分かりますし、テロの発生率が高い場所に行くなら尚更必要です。犯罪の発生率や被害例、感染症情報の内枠はサイトで確認できます。ぜひ参考にしましょう。

補償内容を選ぶ

死亡した場合や、病気と怪我をした時、持ち物に損害が発生した時、賠償責任を負った等、海外旅行保険には様々なシーンを想定した補償が用意されています。治安と情勢を踏まえて、どの補償を付けるべきが慎重に検討しましょう。

補償されないケースもある

テロや戦争のニュースが日本全国にも流れていますが、そのような危険な場所は立ち入りを禁止している場合がほとんどです。しかし、それを無視して足を踏み入れた場合、戦争やテロに巻き込まれても補償されないことがあります。他にも特病があったり、特定のスポーツも対象なので注意しましょう。

サポートも重要

海外旅行中に助かるのは、24時間体制で応対するサポート体制です。日本語が通じない国で何かに巻き込まれた場合や、キャッシュレスで治療ができる病院関連のサービスも充実しています。旅行者にとっても非常に助かるでしょう。

寄せられたQ&Aをご紹介

加入は何日前が最適ですか

目安は旅行に行く三か月前が妥当です。ただ、海外出張が急に決まった場合はネットから当日申し込みできる保険会社もあります。

妊娠中でも入れますか

もちろんOKです。ただし、早産や流産、出産に結びつく病気が原因のトラブルは、保険金の支払いができない場合がありますのでご了承ください。

他の人の分も契約できますか

できます。家族ではない人物の契約を代わりに行なう場合は別々のプランに加入する必要があります。また支払いも契約者本人からになりますので相談の上契約をしてください。

年齢制限はありますか

乳幼児でも、70~80歳の高齢者のお客様の場合でも海外旅行保険への加入が可能です。年齢制限はありませんので、補償内容を比較しながら加入してください。

オーダーメイドは個人だけですか

保険会社によって異なりますが、大体は個人のみオーダーメイドにて補償を付け加えることができます。まずは保険会社に問い合わせをしていだたき、他でも対応しているか確認をしましょう。

広告募集中